出品・取引

【メルカリ】プロフィールの例文!自己紹介の書き方はこれでOK!

メルカリで商品を購入する際、真面目な方であれば「気になる商品を見つける→出品者のプロフィールを確認する→購入する」という流れで購入に至る方が多いかと思います。

・・・が、基本的には自己紹介文は全部は読まれないと思っておいて間違いありません!

なぜかというと、冒頭で”真面目な方であれば”としておきましたが、世の中のだいたいの人は自分の「興味のあること」以外は自ら進んで確認しようとは思いません。

メルカリで買い物をする人にとって「興味のあること」とは、主に商品自体とその値段についてですので、ぶっちゃけ自分にとって良い商品がお得に手に入ればそれでいいんです。

商品の情報と値段については、基本的には商品ページを確認すれば欲しい情報は手に入りますから、別になんの変哲もない出品者の自己紹介文を全て確認したところで、お客さんにとっては良いことなんてないんですよね。

結果、読まれない・・・意味がない・・・。

 

じゃあ適当でいっか!!!

 

ちえぞう
違う、そうじゃない!

書き方のポイントさえ抑えれば、ただの自己紹介文が販促のための超強力な武器となります!

自己紹介文に記載すべきことは

結論から言うと、お客様にとってのメリット」をメインに記載するべきです。

ふらっとページを訪れたお客さんの目に留めてもらい、どうにかして振り向かせる(商品を隅々見てもらう)ために、自己紹介欄を使ってアピールしていくのが正解です。

例えばですが、モテない男性が好きな女性を口説く時に、自分のことばかりを語って気を引こうとしますが、この男性に興味がない女性はドン引き。

一方で、モテる男性は相手の喜ぶことを提案して、女性に「この人といると楽しい♪」と自分と付き合うとメリットがあると思われるように仕掛けるはずです。

あなたが女性であればわかりやすいと思いますが、どちらと関わりたいと思うかは一目瞭然ですよね。

ちえぞう
雑な例を挙げましたがおわかりいただけましたでしょうか?♪

とにかくお客さんはあなた自身の自己紹介に興味はない!興味があるのは自分にとってお得な話♡だけ!ということを頭に入れて、具体的に自己紹介文の良い例と悪い例を挙げて説明していきますね。

 

良いパターン

まずは、プロフィールページの全体の見え方について確認しておきましょう。

下の写真のように、プロフィールページには

■アイコン

■ニックネーム

■評価

■フォローボタン

■出品数

■フォロワー&フォロー数

の表示があり、自己紹介文については通常は最初の3行のみが表示されている状態で、ユーザーが任意で「もっと読む」をタップすることで続きの内容が読めるようになっています。

つまりどういうことかと言うと、この始めの3行の部分でお客様の関心を集めなければ、続きを読んでもらえる可能性は低いということです。

冒頭に「初めまして。ご覧いただきありがとうございます」などの挨拶文を入れることを推奨している方もいますが、個人的には非常にもったいないと思っています。。。

最初の3行をキャッチコピー的な感じで使ってお客様にとってのメリット」を訴求し、挨拶を入れたければその後に入れてもらえばOKです。

ちえぞう
(正直、挨拶なくても問題ない。)

初めの3行で興味を持たせた上で、「もっと読む」の後に注意事項や補足説明を入れてあげるとお客さんの頭にスッと入ってきやすいのかなと思います。

 

"お客様にとってのメリット"の具体例

さて、自己紹介文には「お客様にとってのメリット」を記載すべきということはわかりました。

しかし「お客様にとってのメリット」といっても、いろいろありますよね。

自分が購入する側に立った時に、出品者さんにしてもらったら嬉しいことを考えてみてください。

ちえぞう
安くて、早くて、質良くて、サービス良くて、親切で、安心で・・・・

考えたらキリがないのですが、メルカリ初心者の方やまだ始めたばかりの方でも取り入れやすいのが次の6つです。 

  • フォロー割
  • まとめ買い割引
  • リピーター様割引
  • 即日・24時間以内発送
  • おまけ
  • プレゼント用包装

 

1.フォロー割引

自分のショップをフォローしてくれた方に対しての割引です。

お客様にとってはフォローをするだけで割引を受けられる嬉しいサービスですし、私達買い手にとっても、数百円でフォロワーを獲得でき今後のお付き合い(リピーターになってもらえる)も期待できるメリットがあり、メルカリ初心者の方にとっても取り入れやすいです。

 

2.まとめ買い割引

自分のショップで一度にたくさん購入してくれたお客様に対する割引です。

少し大変な点としては、まとめ買いをしてもらうための商品数が必要だとういうことです。

また、値引きの分だけ利益は下がってしまいますが、数を捌けるので商品の回転が良くなり結果的に売上を上げることができます。

 

3.リピーター様割引

何度も自分のショップでお買い物をしてくれるお客様に対する割引です。

ファン化したお客様がいるお店は強いです。

もちろん良い商品を並べるのが一番なのですが、お客様に一番興味を持たれやすい金額の面でも積極的にリピーター獲得のために手を尽くすのも初めのうちはアリです。

 

4.即日・24時間以内発送

お客様にとっては欲しい商品の購入ボタンを押した瞬間が、一番楽しくてワクワクする瞬間。

可能であれば今すぐにでも手元に欲しい状態です。

しかし、その熱は日が経つにつれて冷めていきます。

楽しみにしている商品がすぐに届くのはそれだけで好印象です!

ちえぞう
例えば、同じ商品を複数の出品者が扱っていた場合、多少金額が高くても発送が早い方の商品が選ばれることもあります

フットワークが軽い方であればメルカリビギナー・ベテラン問わず取り入れやすいです。

 

5.おまけ

おまけが付いてくる商品ってお得感があってそそられませんか?

例えば、「2点以上お買い上げでおまけ付き!」や「リピーター様はおまけ付き!」とすることで、まとめ買いやリピート購入を促すことができます。

が、・・・しかし簡単そうに見えて意外と難しいのがおまけです。

購入者さんの好みに合わなかったり、購入された商品と全く関係のないトンチンカンなおまけをもらっても、相手は「・・・」となってしまいます。

また、おまけはあくまでもおまけであることと、過度に期待しない ようにと念を押しておく必要があります。

無難なところで言うと、入浴剤やボールペンなどですが、これらはネット卸サイトなどでまとめて購入可能です。

参考

●NETSEA(ネッシー)

ちえぞう
センスがあればアクササリーや同じ系統の古着(コーデしてあげる)と喜ばれるかもしれませんね!(ハードルは高い

 

6.プレゼント用包装

意外と多いのが、メルカリで誰かのプレゼントを購入する方・・・!

個人的には「えっ」と思いますが、世の中いろいろな人がおりますね。

素敵な包装をウリにして、他出品者と差別化をしている方もいます。

まさに痒いところに手が届くような、柔軟な対応ができると購入者さんにも喜ばれます。

 

1~3は値引き、4は発送の迅速さ、5・6は商品+αといったところでしょうか。

誰だってお買い物時に安く買えれば嬉しいですし、欲しい物はすぐに手元に届いて欲しいですし、サービスいい方が良いですよね。

これらはお客様にとって最大の関心ごとなので、自己紹介の冒頭のパッと目に入りやすい部分に記載するのが効果的です。

 

テンプレート

というわけで、これを取り入れたテンプレートを一度確認してみてください。

テンプレート

クリックで拡大できます

 

メルカリはお互いに顔の見えない個人同士の取引なので、「安心」「信頼」「丁寧」と言った良いイメージを持たせることがポイントです。

口調が強くなりがちな注意点やこちらからのお願いなどは、適度に顔文字を使うことで雰囲気を柔らかくすることができます。

テンプレートに記載の内容以外にも、普段は仕事をしていたり、小さな子供がいるなどでスムーズな対応ができなかったり、連絡が取りづらいことがある場合、その旨を記載しておくと安心です。

万が一対応が遅れてしまっても、あらかじめ理由がわかっていれば、不安や悪い印象を与えずに済みます。

 

メモ

メルカリでは、取引終了時にお互いを「評価(良かった・残念だった)」するシステムがあります。

一連の取引を通して、迅速な対応であったかどうかが高評価をもらえるポイントの1つでもあります。

 

残念パターン

これまでは自己紹介文の良い例についてでしたが、続いて残念な例も確認しておきましょう。

よくやりがちなのは、「メルカリ初心者ですが・・・」や「ご迷惑をおかけするかもしれませんが・・・」といったネガティブな内容の文言を入れてしまうパターンです。

保険をかけておきたい気持ちはわかりますが、これは絶対辞めましょう!

メルカリには同じ商品・似たような商品は探せば他にいくらでも見つかります。

同じ条件なら、不安を感じさせる出品者よりも安心感のある出品者から買いたいと思うはずですよね。

ちえぞう
メルカリに難しいことは一つもないので、自信を持って大丈夫!

 

他にもお客様を不安にさせてしまう要素としては、

■自己紹介文が数行しかない

■文字ばかりで絡みづらそう

■強気な口調

■禁止事項(マイルール)ばかり

クリックで拡大できます

などが挙げられます。

せっかく素敵な商品を出品していたとしても、不安を与えるような自己紹介では購入することを躊躇われてしまいます。

販売チャンスを逃すことになるので、非常にもったいないです。

 

あと・・・、メルカリは民度が低いと言われがちですよね。

そのため、そのようないわゆる”変な人”との取引を避けたいがために、あえてキツめの文章にしているという方は結構います。

しかし、変な人って自分が変だということに気付いていないだろうし(笑)、そもそも真面目にプロフなんて確認しないと思うし、例え確認してくれていたとしても平気で問題を起こしてくれます。汗

それよりちゃんとしたお客様を逃してしまう可能性の方が高いです。

なので、しっかりプロフを確認してくれる素敵なお客様を想定して書くようにすると良いですよ*

 

ん?と思う自己紹介文についてはこちらの記事↓↓

こちらもCHECK

【うっせぇわ】メルカリでよく見る「マイルール」に一言物申したい

続きを見る

 

まとめ

自己紹介文の書き方はマスターできましたでしょうか?

自己紹介だからといって、出品者の経歴はいりません!

また、長すぎても読まれないし、短すぎてもそっけない・・・

悩めるビギナーさんは、まずはテンプレートを参考にしてみてください♪

それではご覧いただいた皆さんの商品が爆売れしますように・・・!!

記事を読んだ感想は、いつでもこちらの公式LINEでお待ちしております♪

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちえぞう@メルカリ姐さん

【メルカリを愛し、メルカリに愛された女】Twitterフォロワー4000人超。レディース古着転売について発信。顧客心理を掴んで売る独自のコメント術は"効果出た!"の声多数。
>>古着アソートについてはこちら

-出品・取引